プチキラスタイル
これからプチ起業したい女性
プチ起業している女性を応援するサイト
よもやま

【コラム】お世辞でも人は褒められると嬉しいものだ

先日、家族以外の人に「褒められる」体験をした。

詳細はこちらのリンク先を参照していただきたい。

褒め褒めフットサル

久々である。

褒められる、ということが。

家で一人で仕事をやっていたり、主婦だったりすると、人に褒められることなどほぼ、無い。

「人は褒められるのが好き、好きじゃなくても思ってなくても褒めてたら相手の態度が柔和になる」みたいなつぶやきをツイッターで見かけて、あー、そうだなーと思ってこの記事を書いている。

私も褒められた中で、「中学生のお子さんがいるとは思えない若さ!」的なことを言っていただいたのが特に嬉しく、内心「うううううそだ!!こんなに髪もボサボサ、テンションも低め、お肌もお手入れあんましてないのに、ううううそだ!!」なーんて卑屈に思ったりもしたが、旦那に「私って中学生おるわりには若く見えるらしいで、やったね」なーんて話したりしてしまっている自分がいたのだ。

自信がないものに目を向けてもらって、さらに褒めてもらえるなんて、こんなにうれしいことは、大人になった今、なかなか経験できない。

褒め言葉は宝ものになる。自信になる。

いい言葉はもっとどんどん発信していこう。たとえお世辞でも良いじゃないか!だって褒められると嬉しいんだもん!!!

子どもにも、きっと同じ。

テストの点が前より良かった!
友達とたくさん遊べた!!
宿題忘れずに学校に行った!!!

どれもすごい。子どもも毎日頑張ってる!!もっと褒めたい!!!

いいところ、頑張ってるところをもっと探したい!!

そんなふうに前向きになれたひとときでした。